some other day

人手不足ではなく働く人不足

2019-03-10 20:57  |  Posted by JUN

なんとなく急に思ったので

つらつらと書いていこうと思う




最近気になったことはタイトルにある通りで

ちまたでは人手不足が騒がれている
(かくいううちの会社も・・・)

外国人労働者などのニュースも最近多い

では本当に人手不足なのか?と考えてみると

いろいろな日本の問題が見えてくると思う



単純な人手ならおそらくある

個人の能力や働こうと思っているかどうかは無視すれば



ではなぜ人手不足なのか?


それは働いていない人が多いからだと思う。



もちろん全てがそうだとは言えないけど

少なくとも今いる労働人口がちゃんと働いていれば

かなり人手不足は解消されると思う



言葉は悪いがニートや引きこもりなどの人たちが相当数いる

いろいろなところでいろんな話を聞いたりしても

あまり公の場では言えないが実はうちの家族が・・・知り合いが・・・

なんて話をたくさん聞く



ではそういう人たちは働けるのか?と言われれば

正直使えないしすぐやめるし文句や言い訳しかしない人が多い

自分は悪くない 周りが悪い 環境が悪い 会社が悪い

そうして働かない理由や言い訳を探している



そんな潜在的な人たちが今後歳を重ねていった先は・・・


いつからこんな甘いことがまかり通る時代になったのかな?



人だけでなく会社にも問題はある

ここでいう会社とは大企業のこと

大企業の仕事は大企業だけでしているわけではない

そこにはその下にある多くの中小企業が関わっている


景気的には大企業は儲かっているがその多くが内部留保され

実際の現場(中小企業)には一切降りてこない

その割には仕事量だけ増やされ

単価はいっさい上がらない

むしろ単価を下げろと言われ続けている


中小企業がいくら生産性を上げたところで

その利益を結局大企業に持っていかれる

そんな循環をここ数十年ずっと続いている


それでいて仕事量だけは増えていく

人手が必要になってくる

でも賃金は上がらない

働く人がいない


こうした負の連鎖は全然止まる気配がない





話は完全に変わるが

ネットの書き込みやまとめサイト、俗にいうネット右翼達は

現実が見えているのだろうか?


きちんと働いている人ならば

日本の実情を、現実を理解できるのではないか?

”きちんと働いている人”だったらね・・・


声の大きなマイノリティに流されないように

日本の未来のためにも






この先日本は消費税も上がり

いろいろな負担が増えてくる

今まで以上に勝ち組負け組の差が大きくなり

格差は広がっていくだろう

外国人労働者も増えていき

国内にかつての中国のような

低賃金で働かせる人が増えていくだろう

そこには日本人も含まれる



そして数十年後いまのニートや引きこもりが

何の後ろ盾もなくなり解き放たれる



混沌の未来しか見えない

Diary Share comments(0) trackback(0)

Comments

 

Comment Form

 

※*は必須項目です。













TrackBack

 

FOLLOW ELSEWHERE

Twitter Facebook YouTube

QR CODE

QRコード

RETURN TOP