矢打蕎麦の鴨南そば

ここの手打ちのお蕎麦、とにかく麺の太さが半端ではありません。しかもコシが物凄く強いです。

具は小口ねぎと長ねぎ、インゲン、鴨肉。つゆは少々甘めですが、このお蕎麦にはピッタリ合います。

麦処八と丁の焼豚ごはん

これでもかというほどご飯の上には叉焼の山がこんもりと食べ応えありそうなビジュアルです。

叉焼とご飯のどちらにもしっかり醤油の味が付いていて、ネギとの相性が抜群でした。美味です。

麦処八と丁の中華そば(塩)

いつ間にか家の近くにこんなラーメン屋が…と思っていたら前々からあったらしく、リニューアルした模様。

中華そば(塩)を注文したのですが、まず驚いたのは、この透き通った綺麗なスープ。しっかりとした塩分を感じる美しいスープです。

そして表面を彩るのは蕎麦の実と柚子皮が散らしてあって、とても香りが良かったです。まるで上品な和食のような美味しさ。

山形は蕎麦が美味しいと思われがちでしたが、認識を改める必要がありそう。

2種類の叉焼(鶏・豚)は、鶏叉焼がとても柔らかく、しっとりとしていて好きです。