一之江飯店の四川麻婆豆腐

八角が効いた中華みその一種である香辣醤シャンラージャンの香りと、豆板醤のコクが感じられました。

このまま食べてもピリッと辛いため、辛さが苦手な人や子どもは避けた方が吉です。

一之江飯店の豚バラ青菜炒飯

具材はチャーシューの細切れにたまご、ネギと青菜でしょうか。味付けのベースはソースの模様。

ごはん一粒一粒に油が纏い、パラパラ。味付けも丁度良い塩梅で、このお料理が一番美味だったかも。

一之江飯店の胡瓜叩き

先日、食した長江の胡瓜叩きと同様、中国では定番料理の拍黄瓜(キュウリの冷菜)です。

ニンニク風味が効いており、暑い季節にはついつい箸が進んでしまうお料理ですね。